もくれん11月外出は…
こんにちは!
今回のもくれんグループの外出先は何と…表参道、原宿でした!
そんなところへ行けるのか…はじめはどうなるか職員も利用者さんもドキドキでした。
しかし、さすがのもくれんグループの皆さん。それぞれ外出を満喫していましたね!
明治神宮を散歩をして、表参道の東急プラザでランチをした後はお待ちかねのお買い物タイム。
人でいっぱいの竹下通りを車椅子のグループで通るのは中々の体験でした。
噂のレインボーコットンキャンディーを買った人や、竹下通りと言えばのクレープを食べた人、はたまたジーンズメイトやH&Mまでいってお洋服をたくさん買った人…みなさん帰りには荷物が倍になっていました。
坂道だらけの街で職員にはちょっといい運動でしたが、普段はなかなか来ることのできない街の雰囲気をみんなで楽しめて良い外出となりました。
専門性向上の為の研修会(第6回)
11月12日(月)に第6回新宿区委託研修事業「専門性向上の為の研修会」が開かれました。新宿区内の障害福祉サービス関係職員に向けて「アドラー心理学の考え方を仕事に生かそう!」をテーマに講義・グループワークを実施。近年ブームになった「アドラー心理学」が題材であり、楽しく学びつつ仕事にも活かしていこうという想いが皆さんから溢れていました。
厚生労働省HPに好事例として紹介されました
厚生労働省のホームページに「地域生活支援拠点事業の好事例」としてシャロームみなみ風の取り組みが紹介されています。

地域生活支援拠点事業は、障害児者の重度化、高齢化などを見据え、地域で生活する障害者のための機能を地域の実情に応じて創意工夫により整備しようという事業です。

今回、地域生活支援拠点を地域の実情に応じて整備し、上手く活用している自治体・障害保健福祉団体等ということでその整備における工夫や取り組みがホームページに紹介されています。
ぜひご覧下さい。

厚生労働省
地域生活支援拠点等の好事例集

https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000350096.pdf
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000128378.html
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2015年新宿区に誕生した福祉事業所。
知的障害者の入所、通所、短期入所、相談支援などの福祉事業を展開。
「目の前のあなたを大切にします」の法人理念を軸に利用者の方たちがそれぞれにその人らしい幸福な人生を送っていただけるように専門的な支援を行っております。
リフターで入浴できる檜風呂やクッション壁、木目使用など、心と身体の安定に配慮した空間。ゆっくりペースの方、動ける方それぞれに活動ルームもあり、どなたでも幸せに暮らせます。
また、利用者が働くカフェ「おんぶらーじゅ」や相談支援を行う「あんそれいゆ」も併設しております。
職員一同笑顔でお迎えいたします。

過去の記事
過去の記事
  • ホーム
  • ごあいさつ
  • 施設概要・アクセス
  • 事業内容
  • 施設をみる
  • ブログ
  • 利用ご案内
  • 人材採用
〒162-0851 東京都新宿区弁天町 32-6
電話:03(5579)8412
お問い合わせ
Facebook
トップへ戻る